勤務医の皆さんの転職にまつわる口コミ体験談、エピソードなど
様々な情報をご紹介しています。
勤務医の転職は一般の転職に比べ、乗り越えなければならない様々な障害が数多く待ち受けています。
医師の世界には「医局制度」というものが古くから存在しています。
勤務医が転職する場合、医局制度によって、医局からの紹介による転職がこれまで一般的でした。
しかしながら最近では、医局中心の転職システムが徐々に縮小されており一般の転職と同じように自分で転職先を探す勤務医が増えてきました。
医師は、医療機関における最も核となる部分です。
勤務医の転職によって、現在勤務している病院・医院、転職先の病院・医院等の未来が大きく変化する可能性があります。
転職は、勤務医にとっては働く環境を変えることですが、病院・医院にとっては、新しい医師の採用が今後の医療環境を大きく変貌させる大変重要なことになるのです。
医師の世界もスキルアップや収入アップ、そして開業と転職することが自己実現到達のステップアップと考えられています。

勤務医の転職には大きく分けて2つの方法があります。
スポンサードリンク
1.医師を募集している医療施設に自ら応募する方法
近年、医師の卒後臨床研修制度が導入され、医療施設における医師の募集が大変活発です。特に地方の病院は慢性的な医師不足のため、盛んに募集が行われています。 その一方で、新しい勤務先を探そうと考えている医師にとっては、多くの求人情報の中からその施設は自分のキャリアが生かせるか、 希望条件を受け入れてくれるか、医療体制や設備はどうか、など的確な情報を自分で収集する必要があります。
2.人材紹介会社を利用する方法
現在、医療従事者の紹介会社は数百社あるといわれていますが、医師専門の人材紹介会社は数が限られています。人材紹介会社に転職先を相談・依頼する場合、紹介会社の企業方針や紹介システムを知る必要があります。
自分のキャリアを成功に導くかどうかは紹介会社の業務方針や手腕にかかってくるからです。紹介会社を選ぶ場合の基準として医療業界への精通度や紹介実績が重要な基準となるでしょう。

更新日 2017年 7月 21日(Fri)

Google