システムの設計からメンテナンスまで手がけるシステムエンジニア

当サイトは、システムエンジニア(SE)の年収、給料や転職情報など様々な情報をご紹介しています。

システムエンジニアの仕事
システムエンジニアといっても、その実態は「長時間残業」、「過酷な成果主義」、「常に進化していく技術」についていけなくなり、入社数年で転職してしまう人も実際問題として多いようです。慢性的な長時間残業と深夜勤務、仕事自体のストレスなどによって精神的な疾患にかかる人も少なくありません。

スポンサードリンク

システムエンジニア(SE)の転職

企業の業務を効率化するコンピュータシステムの設計から、構築・運用・管理まで手がけるシステムエンジニア。勤務する会社の業務内容や、その人の経験によって業務の内容は異なり、設計や構築のみを担当する人や運用や管理だけを手がける人など様々です。
いずれの場合もプログラミングの知識が必須のため、プログラマーを経てSEになる人も多いですが、SEの場合、どのようなシステムをどう作れば業務をより効率化できるか等システムの仕様まで考える点がプログラマーと大きく違う点ではないでしょうか。
そのためシステムエンジニアは、ハードウェアから企業の業務内容まで、幅広い知識を身につける必要があります。それに加えて、顧客となる企業とやりとりする機会も多いため、コミュニケーション能力も必須。不況知らずといわれるIT業界だけに、経験豊富なSEは、企業からのニーズが高いといえます。

給料のことや仕事の内容、資格など、実際にシステムエンジニアのお仕事をされている方の情報が貴方のお役に立てれば幸いです。
スポンサードリンク

システムエンジニア(SE)の資格
【国家資格】
・技術士(情報工学部門・経営工学部門) ・情報処理技術者など
【民間資格】
・ITコーディネータ ・マイクロソフト認定技術者 ・オラクル認定技術者 ・マイクロシステムズ認定技術者 ・TOEIC ・PMP など

更新日 2017年 5月 23日(Tue)